【コラム】【30代の転職】企業はこんな30代を求めている!30代で転職成功させるためのコツをご紹介

 

社会人としてもある程度のキャリアを積み、家庭に守るものもできた30代は、キャリアの転換・転職を検討しやすい時期です。

 

業務内容に不満を感じている、キャリアチェンジをしたい、もっとスキルを磨きたい…

そんな理由から、転職に向けて動き出す人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、転職のプレッシャーは大きいはず。なぜなら30代はキャリアにおいてとても重要な時期。家庭を支える責任もあります。「本当に転職成功できるのだろうか」と、中々具体的に行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では求められることまた転職を成功させるコツをご紹介していきます。

 

30代で転職をするとき必要なこと

30代で転職をするということは、20代で転職をするのと大きく違います。20代と比べて給与が高く、即戦力である必要があります。プロジェクトやチームを引っ張っていく機会も多くなり、余裕をもって周りの人をまとめる力が求められてきます。

 

即戦力である

30代の転職者に求められるのは、まず即戦力であることです。じっくり育てるのであれば、新卒もしくは20代の中盤くらいの求職者を雇う企業がほとんどです。では、即戦力とは具体的にどんなスキルを持った人材か?もちろん、業種・職種によって求められるスキルは違いますが、30代の転職者に共通して求められているスキルは大きく下の2つだと言えます。

 

リーダーシップ

30代になると自分のことだけでなく、周りをひっぱっていく必要があるためリーダーシップを求められます。例えばマネージャー経験があれば、企業の評価が高くなるきっかけとなります。

 

マネージメント能力がある

30代にもなると、会社の経営に直接つながるようなマネージメント能力を要求してくる可能性高くなります。企業によっては新規部門の責任者を応募するケースもでてきます。このためマネージメント経験がある人であれば、大きなメリットとなります。

 

 

30代で転職をするのは不利?

30代で転職をするのは、20代の転職に比べて不利な点がいくつかあります。実際に転職をする場合は、そのディスアドバンテージまで把握をしておくことが重要です。

 

案件が少ない

年齢が過ぎるにつれて、転職の案件が減っていきます。特に年齢制限がない案件でも、同じスキルであれば若い人を採用しますし、まず書類選考で通りにくくなります。また30代だと役職がついていて当たり前と認識されることもあり、年齢のわりに実績が少ない人は転職が難しくなります。

 

未経験、他の職種に転職は難しい

30代になると即戦力であることが求められます。そのため経験のない職種に転職は難しくなります。そのため20代で転職をするときと比較して、選べる職種の幅は狭くなります。しかしこれまでの経験を活かして、さらにスキルアップを考えている場合であれば転職できる可能性もあります。

 

30代で転職に成功するには

以上の「30代で転職するとき必要なこと」「30代での転職におけるディスアドバンテージ」を踏まえた上で、30代で転職に成功するための重要なポイントをご紹介していきます。

 

応募先企業の分析

いくら素晴らしい経歴があっても、応募先企業の求めている人材像にマッチしなければ当然選考は通りません。反対に、経歴に自信がなくとも、応募先企業の求めているスキルを持っていたり、会社との相性がいいと判断されたりすれば採用の確率は上がります。マッチングが重要なのです。そのためにも企業が今どんな人材を求めているのか」を十分に研究することが重要です。

 

これまでの職務経験やスキルを整理

30代は社会人経験を十分積んでいる年代で、経験やスキルを身につけていることでしょう。応募先企業においても経験やスキルは重要な判断基準であり、うまくアピールすることで評価されやすくなります。そのため、職務経歴書にこれまでの経験やスキルを分かりやすく書くことそれらを流暢に面接の場で語れること、またどのようにそのスキルを応募先企業で生かすのか明確なビジョンを持っておくことが重要になってくるのです。

 

転職エージェントを利用するメリット

ここまで30代で転職を成功させるためには、徹底したな準備が必要であると説明してきました。しかし現職で仕事をしながら、一人で準備をするのは簡単ではありません。そこでおすすめできるのが転職エージェントを利用することです。

 

キャリアアドバイザー、営業担当がサポートをしてくれる

転職エージェントのキャリアアドバイザー、営業担当がこれまでの経歴やスキルにあった案件を紹介してくれます。応募先企業側の求めている人材も転職エージェントではわかっているため、ミスマッチングになることは少なくなります。

 

また面接時に応募先企業の求める人材がわかっていれば、職務経歴書が書きやすくなり面接の準備も十分にできます。あらにキャリアアドバイザーや営業担当が面接の直前までサポートをしてくれるので安心です。職務経歴書の添削をしてくれる転職サービスもあります。

 

さらに給与面など相談しにくいことでも、転職エージェントが間に入って交渉してくれるので安心です。

 

転職エージェントのサポートは無料で受けられます。転職を伴走してくれる心強い味方を探しているなら、転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

 

転職エージェントの選び方

「転職エージェントに登録してみたいが、どこを選べばいいか分からない…」

転職エージェントは、人生の転機に寄り添ってくれる心強い味方です。しかしそれだけに、エージェント選びを失敗してしまえば、キャリアも納得のいかないものになってしまう可能性が高くなります。

そこで、エージェント選びをするうえで大事になってくる重要なポイントを紹介します。

 

・求人を紹介に加え、キャリア相談にものってくれる

・志望業界に精通している担当者に相談できる

・企業へ志望者を売り込むスキルがある

・志望者にフィットする良質な求人案件を持っている

 

この点をしっかり押さえ、あなたの求めるものに最適な転職エージェントを選んでみてください。

 

 

インフォエックスの強み

インフォエックスは、主要なコンサルティングファームのほとんど(50社以上)の求人案件をご紹介可能です。各キャリアアドバイザーは、業界別、業種別に造詣の深いスペシャリストです。会社レベルはもちろんのこと、個人レベルでも採用企業と独自のパイプラインを構築しており、確固たる信頼関係を築いています。

もちろん、30代以上のコンサルティング業界志望の方にも案内できる案件も多数あります。

また、インフォエックスのキャリアアドバイザーは、すべて、一流上場企業の経営者レベルの経歴の持ち主です。採用側の面接官として最終判断を行ってきた経験と、豊富なビジネスの知見を活かして求職者の皆様のキャリア構築をサポートいたします。