11/29(月)【PwC】キャリセミナー「PwCで活かせるあなたのキャリアと強み(セキュリティ&プライバシー)」

PwC Japanグループでは、さまざまな領域の経歴や専門性を持つプロフェッショナルが力を集結し、サイバーセキュリティやプライバシーの課題に直面するクライアントを支援しています。

本セミナーでは、PwCセキュリティ・プライバシーコンサルタントとして働くやりがい、大変さ、チームの雰囲気など、プロジェクト紹介セッションやパネルディスカッションを通じてわかりやくご紹介します。イベント参加後のエントリーは不問のため、現在の転職意思に関係なく、サイバーセキュリティ・プライバシーにご興味をお持ちの方は是非ご参加ください。

■イベント概要
開催日時:2021年11月29日(月)19:00-20:30 ※途中入退場可
開催方法:Google Meetによるオンライン(参加予定者の方に別途URLをお送りいたします)

■タイムスケジュール
①サイバーセキュリティ、プライバシーを巡る最近の動向「私たちはどのような世界に生きているのか」(19:00-19:10)
登壇者:PwCコンサルティング合同会社 パートナー 丸山満彦
デジタルテクノロジーの時代におけるサイバーセキュリティの脅威、ビッグデータと人工知能がもたらすプライバシーの課題をご紹介いたします。

②コンサル/監査法人のリーダーが紹介「PwCで活かせるあなたのキャリアと強み」(19:10-19:20)
登壇者:
PwC Japanグループ サイバーセキュリティ リーダー
PwCあらた有限責任監査法人 パートナー 綾部泰二
PwCコンサルティング合同会社 パートナー 外村 慶

PwCデジタルトラスト(サイバーセキュリティ・プライバシー)チームのリーダーから、働き方やメンバー、プロジェクトや業務の多様性をご紹介します。

③先進プライバシープロジェクト「企業の仕組みづくりの面白さとやりがい」(19:20-19:40)
PwCコンサルティング合同会社 マネージャー 篠宮輝
PwCあらた有限責任監査法人 マネージャー 浦名祐輔

プライバシー保護には、セキュリティおよび個人情報保護の観点に加え、本人の視点に立ったプライバシー体験の提供やパーソナルデータの管理も求められます。デジタルトランスフォーメンションを進めるBtoC企業において、より消費者の期待レベルに応えるための体制をどう整備していくのか。プライバシー領域の先進事例を担当したコンサルタントが、プロジェクトの目的や業務の面白さ・やりがいを紹介します。

④パネルディスカッション「PwCで活躍、力を発揮するその秘訣とは」(19:40-20:00)
PwCコンサルティングおよびPwCあらた有限責任監査法人において、活躍している若手、中堅社員から、パネルディスカッション形式でPwCで活躍する秘訣をお伝えします。

⑤Q&A(20:00以降)
ご希望される方については、時間の許す限りQ&Aセッションとして、頂戴した質問にお答えいたします。

■登壇者プロフィール詳細
PwCコンサルティング合同会社
丸山 満彦 – パートナー-
<Profile>
25年にわたり製造業、サービス業、金融機関、政府などの幅広い業種に対するサイバーセキュリティ、ITリスク分野のコンサルティング、監査に携わる。内閣官房に出向し、内閣官房サイバーセキュリティセンターの立ち上げ、政府統一基準の策定、改訂に関与。ISMS制度の立ち上げ、普及にも関わる。内閣官房、総務省、経済産業省などの有識者委員に多数就任しているほか、複数のセキュリティ関連団体の理事、監事も務める。

外村 慶 – パートナー –
<Profile>
IT業界にてソフトウェア、サービスおよびコンサルティングビジネスに関する25年以上の実務経験を有し、10年以上にわたり情報セキュリティ市場に特化した経歴を持つ。大学卒業後、大手外資系コンピューター企業にてソフトウェアの開発、販売、役員補佐を歴任。その後、大手外資系セキュリティソフトウェア会社の日本法人COOとして、日本市場におけるセキュリティビジネスの戦略と実行を担当。2017年にPwCコンサルティング合同会社に入社後は、同社ならびにPwCあらた有限責任監査法人を含むPwC Japanグループのサイバーセキュリティビジネスを統括する責を持つ。

PwCあらた有限責任監査法人
綾部 泰二 – パートナー –
<Profile>
大手監査法人に入所後、システム子会社へ出向し、主にビジネスプロセスの変革などを実施。 また、銀行、保険、証券会社、大手メーカー、大手通信、大手自動車など、 業種を問わずサービスを提供している。 現在はサイバーセキュリティ、プロジェクト監査、ITガバナンス、 システムリスク管理関連業務の責任者として多数のクライアントにサービスを提供している。 特にITガバナンスの知見を生かしたサイバーセキュリティにおけるガバナンスを検討することを 得意としている。 またインシデントが発生した場合の再発防止策検討や有効性評価の実績を多数有する。 2019年7月よりPwC Japanグループのサイバーセキュリティ Co-Leaderを務める

その他、スタッフ~マネジャークラスのメンバーが参加を予定しています。

 

【申込方法】
既に当社へご登録済みの方は担当アドバイザーへご連絡ください。
ご登録がまだの方は、無料相談フォームからお問い合わせください。

             < PREV