ベイン・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド

1973年米国ボストンにて創設。現在(2016年9月時点)では世界34ヶ国に53拠点のネットワークを展開する世界有数の戦略コンサルティングファーム。

クライアントとの共同プロジェクトを通じた結果主義へのこだわりをコンサルティングの信条としており、結果主義の実現のために高度なグローバル・チームワーク・カルチャーを特徴とする。コンサルティング業界でも独自の能力開発 (ディベロップメント) プログラムを持ち、顧客企業は大企業からベンチャー企業、グローバル企業から日本企業、プライベート・エクイティから公共機関までと多岐にわたる。

人材育成に関しては、コンサルタントが一日も早くより大きな価値を提供できるよう、トレーニング機会の提供はもちろん、業界別 / 経営テーマ別ナレッジデータベース、基本分析パッケージ、最新の業界アップデートなどの体制づくりを通じたサポートに注力している。各コンサルタントの能力開発に責任を持つシニアメンバーが必ず一人アサインされる「メンター制度」や、ディベロップメント共通の課題やその解決のための提言を討議する場として、各コンサルタントのグループごとにシニアメンバーがアサインされる「クラスキャプテン制度」といったサポートも実施している。

ベインのグローバル・トレーニング・プログラムは”極めて密度の濃い、実践的なトレーニング”として定評があり、世界各国から集められたコンサルタントがチームを編成し実戦的なビジネス課題に取り組む経験を通じて、コンサルティングにおける重要なエッセンスを体系的に学び、より大きな視点からクライアントにより高い価値を提供できるようになることを目標として運営されている。
また、過去数年間の実績ではコンサルタントの約25~30%が「トランスファー制度」を活用して海外オフィスで働く機会を得ている。 

 

企業名
所在地

東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8階