アビームコンサルティング株式会社

アビームコンサルティング株式会社は、1981年に設立された等松・トウシュロス コンサルティング株式会社を起源とするコンサルティングファームである。
2003年にデロイト トゥシュ トーマツより脱退、アビームコンサルティング株式会社に社名を変更した。2004年にはNECと戦略的資本提携を結び、日本企業のBPRからグローバル展開の支援まで、数多のプロジェクトに携わり、30余年の歴史を歩んできた。
同社は日本発、アジア発のNo.1グローバルコンサルティングファームを目指し、日本で3,000 名、アジアを中心とした海外1,000 名、合計4,000名を越えるコンサルタントと、世界各地のアライアンスパートナーを合わせた約12,000人もの「総合力」でクライアントの企業変革実現を支援している。

同社の経営理念(ブランドステートメント)「RealPartner」は、クライアントの変革を実現する” 真のパートナー” として、社会やクライアントに対して約束する価値や企業姿勢を表現している。

Real Partner を実現するために3つの要件:Real People、Real Solutions、Real Resultsを定めている。内外の多様なプロジェクトで蓄積した知見や多くの業界に関する知識を反映させた手法として「ABeam Templates」「ABeam Method」「Industry Framework(R)」といった同社独自の手法を確立し、これらを駆使してクライアントの企業変革を目指す。

企業名
所在地

東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 丸の内永楽ビルディング 24階