【コラム】コンサルファームへの転職成功のポイントを、転職おじさんが解説。

 

インフォエックスの「転職おじさん」は、十数年転職者と向き合い続けてきた転職の専門家。インフォエックス公式YouTubeチャンネルでは、転職おじさんが転職に興味のある方に向けて、転職のお役立ち情報を動画で解説しています。本記事では、その動画から抜き出して解説します。

今回は、コンサルファームへの転職成功のポイントを解説します。

 

そもそも中途採用とは?

こんにちは!インフォエックスの転職おじさんです。

今日は、コンサルファームへの転職成功のポイントをお話しできればと思います。まずは前提条件として、中途採用がどのようなものなのか見ていきましょう。これは別にコンサルファームに限らずなんですが、組織ピラミッドにおいて、一番下の土台部分取るのが新卒採用です。このピラミッドの中に空いている穴を、外から埋めるのが中途採用です。前回、コンサルファームへの転職は、応募したポジションで仕事が決まるとお話ししましたが、それも、この穴を埋めていくためなんですね。

 

中途採用は、「空いている穴を埋める」

 

中途採用におけるイシュー

さて、そんな中途採用における、コンサルタント風にいうイシューは、シンプルに2点。この仕事を、「できるか」、「やりたいか」です。

任せたい仕事をすごくできそうな人が、すごくやりたいと来たら、すごく雇いたい!となりますよね。募集要項を満たす人を採りたいのではなく、仕事ができる人を採用したいんです。

 

「できるか」

さて、私が通っていた某経営大学院の思考的に言うと、「できるか」というイシューに対する枠組みは3つ。

 

①やってきたか(経験)

②わかるか(知識・スキル)

③できるようになれるか(ポテンシャル)

 

この3つです。

事業会社の企画職でコンサル未経験の方は、特定領域のコンサル的な企画仕事をやってきて、コンサル的な仕事のやり方がわかる人が採用される、ということなんですね。

この3つを満たすことができれば、やればできる!!

 

熱く語る転職おじさん

 

「やりたいか」

やりたいかというイシューに対する枠組みは3つ。

 

続きはYouTube動画で!

この記事の続きは、下のYouTube動画にてご覧いただけます。