【コラム】面接前夜の過ごし方

就職活動で面接は絶対に避けられない関門です。

アルバイトなら履歴書だけで採否の決定をする場合がありますが、正社員となると面接は欠かせません。

面接という関門を突破するには、「前日」の行動がカギとなってきます。

面接前夜はどんな行動をとるのが適切なのか、内容をまとめたものを紹介していきます。

 

相手が質問してくる事柄をできるだけ頭に叩き込む

面接で絶対に聞かれる質問は必ず答えられるようにしておくことが大事です。

例えば、「あなたが弊社(当社)を志望した理由は何ですか?」と聞かれた場合、「私は~」とあらかじめ答えを用意して頭に叩き込みます。

また、面接先の企業における情報収集も欠かせないので、そのあたりから面接の質問が飛んでくる可能性があります。

面接で質問されそうな事柄はあらかじめリスト化しておきましょう。

「自己紹介してください」や「あなたの長所と短所を教えてください」などをリスト化して答えを用意しておきます。

面接の最後に「何か質問はありますか?」と必ずと言ってよいほど聞かれますので、できれば金銭面以外のことについて、尋ねる質問を1つでもいいので準備しておいた方が、面接官の印象に残るので、何か決めておきましょう。

 

身近にいる人に「最終模擬面接」を行ってもらう

面接前夜は、これまで何回も模擬面接の訓練をしたとしても、不安と緊張でいっぱいでしょう。

面接で質問されそうなことを最終的にうまく対応できるのかシミュレーションするには、身近な方に「最終模擬面接」を実施してもらうのが確実です。

例えば、面接で質問されそうな事柄はリスト化した中から、10個中7個質問してもらうようにして、うまく答えられるかどうか客観的視点で判断してもらいます。

実際に最終模擬面接を行った結果を想定したとして、「この質問はうまく答えられなかった」「言葉が詰まっていた」「全体的に答えられていたが姿勢がよくなかった」など、面接前夜で模擬面接をしたからこそ、こういった課題が浮き出てきたとしましょう。

逆に言えば、その課題を意識すれば、本番では失敗しにくくなります。

もし一人暮らしをしていて身近に模擬面接を行ってくれる人がいなければ、スマホやカメラなどで自分自身を録画して客観視してフィードバックできれば代替え手段となります。

 

まとめ

面接前夜では様々な過ごし方があります。

持ち物や会場への移動手段や経路などを確認しておくことも重要です。

しかし、メインはやはり「面接」なので、対策を講じないわけにはいきません。

特に面接前夜での課題確認という意味合いで行う、「最終模擬面接」は重要な意味を持ちます。

もし緊張しやすい人が、面接前夜に最終模擬面接を行っていなかったら、面接で失敗し不採用になってしまうかもしれません。

それゆえ、面接前夜での最終模擬面接は重要なのです。

面接を無事に切り抜け、採用を勝ち取る努力は怠らないようにしましょう