【コラム】転職の面接ノウハウ|企業に好印象を与える自己PRとは?

転職の面接で求められることが多い自己PR。当日慌てないように準備をしっかりしておきたいところですが、そもそも何についてどんなふうに答えたらよいか分からない方も多いでしょう。

 

そこで、今回は自己紹介との違いなどを踏まえて、好印象を与えられる自己PRのポイントをお伝えします。

 

自己PRと自己紹介の違いについて

 

転職の面接で「自己紹介をしてください。」と言われたのに、自己PRを始めてしまう人は少なくありません。自分をアピールしたい気持ちはわかりますが、当日失敗しないように、2つの違いを把握しておきましょう。

 

自己PRとは?

 

自己PRの時間はせいぜい1~2分程です。この短い時間に、企業にとってあなたがいかに必要な人材なのかを印象づける必要があります。自己PR次第で面接官はあなたのことをもっと知りたいと思うかもしれません。自分を魅力的にアピールできれば、そこから面接官との会話が広がっていくでしょう。

 

自己PRは、学歴や資格といった表面的なことだけではわからない、あなたの個性を伝える場で、いわば自分のプロモーションです。商品のCMならば買ってみたいと思わせることがポイントですが、同じように、面接の自己PRでは、企業にとってぜひ欲しい人材と思わせることが重要です。

 

そのため自己PRでは以下の3点をおさえておきましょう。

 

・自分の強みを端的に伝える

・強みを発揮した経験を話す

・入社後に自分の強みを活かして企業にどう貢献できるかを伝える

 

ここで注意したいことは、訴求する強みは応募した企業のニーズに合っていることが大切です。そのため、ホームページなどでしっかりと企業研究をして、志望する企業はどんな人物を求めているのかを把握したうえで自己PRを考えてみましょう。

 

自己紹介とは?

 

自己紹介は、自分のことを簡潔に話す場ですので、以下のような要点だけをコンパクトにまとめて伝えます。時間にして1分程度です。

・名前

・出身地

・最終学歴と経歴(簡単に)

・趣味や特技

・意気込み

 

自己紹介は志望企業への挨拶ですので、まずは良い第一印象を与えましょう。自己紹介で伝える内容は、履歴書を見れば、ほぼわかることばかりです。大切なことは内容自体ではなく、短時間で面接官の印象に残るような話し方や態度です。

初対面で受けた印象というものは、その後もずっと残ります。そのため、明るくハキハキと話すこと、活発なイメージを与えることがポイントになるでしょう。

 

自己PRと自己紹介は混同しやすいですが、違いは理解できましたか?自己PRでは実績に基づいた能力などの強みが問われています。一方、自己紹介では円滑にコミュニケーションができる人かどうか、第一印象が見られています。

自己PRと自己紹介に限らず、面接の質問でどう答えるべきか迷った時は、「面接官はこの質問を通して何を知りたいのか」と、質問の意図を考え、焦らず落ち着いて対応しましょう。