【コラム】不安な気持ちを抑える面接前夜の過ごし方3選

面接前夜は、「いろいろと考えてしまいソワソワして落ち着かない…」という方はいるのではないでしょうか。

本記事では、不安な気持ちや緊張を抑えて本番で力を発揮できるように、面接前夜の過ごし方と準備しておくことを紹介します。

 

面接前夜の過ごし方3つ

面接を迎えた前日は不安になったり緊張したりしますが、本番で力を発揮するためにはリラックスすることが大切です。

そこで、リラックスするためにも面接前夜は以下の3つを取り入れて過ごしましょう。

1.普段通りの生活を心掛ける

2.面接のことをあまり考えないようにする

3.軽めのストレッチをして体をほぐす

詳しく見ていきましょう。

 

1.普段通りの生活を心掛ける

 

張り切って早起や早寝をしようとすると生活リズムが崩れて、かえってリラックスできません。

普段と違うことを取り入れようとすれば、体にストレスや負担が掛るからです。

人は慣れていないことにストレスを感じます。

したがって、「明日は面接だから」と張り切らずに普段通りの生活を送るように心掛けましょう。

 

2.面接のことを考えないようにする

 

面接前夜は明日のことを考えてしまい、不安や緊張を感じて落ち着かない気持ちになるでしょう。

人が1日に思考する内容は大半がネガティブなものだと言われています。

つまり、考えれば考えるほどネガティブな方向に思考が発展していくのです。

したがって、なるべく面接のことを考えないようにしましょう。

 

とはいえ、考えないようにするのは難しいです。そこで、おすすめなのが瞑想。

瞑想は、かの有名なカリスマ経営者「スティーブ・ジョブズ」もマインドフルネスの1つとして取り入れていました。

余分な思考や雑念を止めて、脳内をクリーンに保つことができます。

 

瞑想のやり方は簡単で、自分の「呼吸」に意識を向けるだけです。

あれこれ考えてネガティブ思考の沼にハマらないためにも、瞑想を取り入れてみましょう。

 

そのためにも、前日までにしっかりと準備はしておきましょう。

 

3.軽めのストレッチをして体をほぐす

 

不安を感じたり緊張したりすると無意識に体が力んでいる状態になりやすいです。

例えば、呼吸が浅く、肩に力が入り歯を食いしばっていたりします。

このような状況では、リラックスできません。

そこで、軽めのストレッチを取り入れて体の緊張をほぐしましょう。

体の緊張が解ければ、リラックスできて睡眠の質も高まります。

 

面接前に意識したいこと

面接で力を発揮するためにもイメージトレーニングをしておきましょう。

人は無意識のうちに思考した通りの行動を取ろうとするからです。

 

イメージトレーニングは、スポーツ選手が試合前に取り入れるくらい効果があります。

「私ならできる・自己ベストを更新できる」とポジティブな言葉を使って、脳に暗示を掛け、最高のパフォーマンスを発揮している姿を想像することで、前向きな気持ちで挑める状態をつくれるのです。

 

面接前はイメージトレーニングとして、「質問に対して、自分が納得のいく受け答えをしている姿」をイメージして最高のコンディションを作って挑みましょう。

 

当日、焦らないために準備しておくこと

前日の夜までに面接に必要な持ち物と着ていくスーツを用意しておきましょう。

当日に必要書類やスーツが揃ってないとスムーズに出発できずに、遅刻する原因になるからです。

当日、焦らないためにも必要な持ち物は事前に用意しておいてください。

 

それから、面接会場の下見も済ませておきましょう。

初めて行く場所は、どのくらい時間が掛かるのかわからないし、道に迷う可能性もあるからです。

面接会場にギリギリに到着すると気持ちに余裕が持てません。

また、最悪の場合は遅刻する可能性も高くなります。社会人として遅刻は避けるべきです。

そのためにも、会場の場所と移動経路は把握しておく必要があります。

電車やバスで行く場合はどのくらい時間が掛かるのか調べて、ゆとりを持って会場に到着するようにしましょう。

 

まとめ

面接前夜は不安になったり、緊張したりします。

少しでもリラックスして最高の状態で挑めるように、以下の3つを取り入れて過ごしましょう。

1.普段通りの生活を心掛ける

2.面接のことを考えないようにする

3.軽めのストレッチをして体をほぐす

あとは本番で力を発揮するだけです。