通常面接のポイント

コンサルティングファームの面接と聞くと、ケース面接をまず思い浮かべるのではないでしょうか。しかしながら、戦略系や総合系ファームの戦略部門においても、思考力だけではなく、人間性、成長力を見極めるための質問もございます。
以下、面接を受けるにあたり留意するべき点をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

○面接の目線
面接は通常、人事面接*→現場マネジャー(SM以上)→経営者層(D/P)となります。それぞれの面接で評価されているポイント押さえることで選考通過の確率も変わってきます。
*人事面接はスキップされる場合もあります。また、経営者が1次面接を担当する等、必ずしもこの順番ではありません。

○共通の事項 ― 論理性を意識する
コンサルタントとして欠かせない要素なのが論理性です。面接時には話の一貫性に留意する、主張を展開する際には具体的な例を出して客観性を持たせる等の点に気を付けましょう。

○各選考フェーズでの留意点
①人事面接
■3つの目線 ― 能力・志望度・定着性
企業人事が欲しい人財は上記3点を満たす人物です。自社を牽引するだけのソフト・ハード面でのスキルがあること、オファーを出したら入社すること、入社後継続して勤務していただけることです。そのため、下記3点は人事面接に臨むうえで必ず準備をして臨んでください。
1) 志望動機 (なぜコンサルタント職を目指すのか / なぜその会社か)
2) コンサルタントとして生かせる強み (これまでの経験 / スキル)
3) 入社後の予定 (入社後何がしたいか / ご自身のキャリアビジョン)
≪チェック事項≫
・企業の採用ページ・ニュースリリースやプロジェクト事例・企業情報については必ずチェックしてください。より具体的であるほど、心証はよくなります。
・コンサルタントとして、チームを率いた経験や、人を動かした経験、制度の変更・新規制定などに関わる経験は非常に有効です。そうした経験を棚卸しして、面接用にブラッシュアップいただければと思います。

② 現場マネジャー面接
■現場とのフィット感
この段階では複数の案件デリバリーを統括をしているマネジャーが貴方のコンサルタントとしてのレベル感やチームが求めている人物像とのフィット感を判断します。この段階で行っていただきたい準備は下記の通りです。
1) アプライ先部門の具体的なイメージを持つ。
2) 部門の中で貢献できる点をアピールする。
≪チェック事項≫
・弊社よりお送りする求人票を熟読しましょう。
・面接担当官の名前が判明している場合、名前を検索してみましょう。
・選考している部門が手掛けたプロジェクトの事例を企業HPで検索しましょう。
・もしも部門のイメージがつかない場合、弊社コンサルタントに相談しましょう。

③ディレクター / パートナー面接
ディレクター・パートナーとしての役割は案件のデリバリーではなく、会社や自分のチームのマネジメントやコンサルティング案件の獲得です。将来的にあなたがマネジャーになり、チームやプロジェクトを牽引できるだけの人物になるかを判断するため、自主性や人を巻きこむ力も重要な要素になります。人事面接での3点に加え、下記2点も意識をするとよいでしょう。
1) 自主的に考え、行動した経験の棚卸
2) 人を巻きこんで行動した経験
≪チェック事項≫
・上記2点に係る経験を棚卸しして、面接用にブラッシュアップ。