志望動機のポイント

コンサルティングファームによっては、志望動機書の提出が必須なポジションがあります。応募の際に提出を求められない場合でも、「なぜコンサルタントなのか?」という志望動機は面接でも必ず聞かれる重要なポイントですので、ご自身の考えをまとめておきましょう。

 

▶▶▶志望動機書作成のための3つのポイント

 

「なぜコンサルタントか?」「なぜそのコンサルティングファームを選んだのか?」という理由を、誰にでもわかりやすく説得力のある言葉で書くことが大事です。自己満足に陥らず、客観的に書くために、まずは自分自身の中で、これまでの経験と転職を志すに至った動機を有機的に結びつける一つのストーリーを組み立てるとよいでしょう。それを裏付けるために、過去のキャリアの例を引いてくると効果的です。
・長すぎず、平易な文章で書く。
・コンサルティングという業務に向いていることを実例を引いてアピールする。

具体的には、以下のポイントが明確になるように書くのをお勧めします。
① これまでの経験(過去)
② 現状のスキル、メンタル面での強み(現在)
③ コンサルタントとしてその企業に入社した際、数年後にはどうなりたいか(未来)
①、②からコンサルタントを目指す理由を導き出し、③でコンサルタントとしてその企業にどのような貢献ができるか、また自分自身の将来のキャリアパスを表すといいでしょう。
①、②までを詳細に書くことは比較的容易ですが、③を説得力を持って書くのはなかなか困難な作業です。しかしそこは面接においても求職者の方の積極性や向上心を示す重要なポイントとして評価されます。コンサルタントとはなにか、自分がどうなりたいのかを明確にイメージしておくことが大切です。 

インフォエックスでは、各企業側のニーズに対応した作成方法をアドバイスいたします。また、応募先企業やポジションに合わせて「サンプル」のご提供も行っております。

志望動機書サンプルのダウンロード