エグゼクティブコンサルタント 重冨 徳

重冨 徳

エグゼクティブコンサルタント

 

大学卒業後国内大手SIerおよび外資系IT業界に勤め、ソフトウェアの設計・エンタープライズハードウェア製品およびプロフェッショナルサービスの提案・新規ビジネス開発等を担当しました。担当業種は主に大手製造業、外資系金融、電気通信業、公共・ヘルスケアなどですが、最先端技術として5Gプラットフォームにおけるインフラ要件支援、ビデオ管理システム(IVA)・IoT等End To Endソリューションのスキーム開発、案件発掘・提案活動などがあります。これらITのバックグランドの経験を活かし、IT企業経験者をはじめコンサルティング会社等へのキャリアップ希望者などを支援して行きたいと願っています。

【転職エージェントとして心がけていること】

私自身も数回の転職経験をしましたが、その経験からこれから転職を目指される方へのアドバイスは、自らの目標を明確に描き、その目標を達成するためのキャリアップの計画を立てることが重要になります。転職は様々な理由が個人々々ありますが、キャリアップによる成功の確度を高めていくにはなるべく早い段階で目標を明確にされることをお勧めいたします。


【キャンディデートの皆さまへメッセージ】

ちょっと余談になりますが、職種を検討される場合に、ご自身の志向も理解されておくのも良いかと思います。

例えば、「心・技・体」=(人格・専門知識・印象)の言葉がありますが、時にはご自身はどの部分が強いか弱いか、またはバランスよく持ち合わせているかなどを再発見してみるのも良いかと思います。

一般論の例として、コンサルタント職、企画・経営職は、「心・技・体」のすべてをバランスよく必要と言われています。

常にアンテナを張り巡らせ、問題意識を持ち、自身で課題を発見し、解決策を導き実現していく能力を発揮するイノベーション・プロヂューサータイプの人がこれに当たります。

一方弁護士、公認会計士、システムエンジニアなどスペシャリスト型の方は、「技」をより深く追求していかれるタイプの人がこれに当たります。

 

近年は、求人企業のWebサイトで簡単に求人の応募もできますが、転職は皆様にとって単なる応急処置や年収アップだけではなく、人生における重要なステップの1つになります。普段からキャリアップを意識して計画を立て、転職時には求職者の立場に立って求人企業との橋渡しや有益な助言を得ることができるキャリアアドバイザーを是非ご活用頂ければと思います。

私も皆様の期待とキャリアップに応えられるように常に自己を磨きながら、皆様からのご連絡をお待ちしております。

 

【経歴】

現日立システム/外資(デル株式会社/EMCジャパン株式会社など)のIT企業のエンジニア畑で37年勤め、製造・金融・公共・ヘルスケアなど幅広い業種企業に対してハードウェア・ソフトウェアまたAIなどの最先端技術によるビジネス開発・提案活動に従事。

デル株式会社。ストレージ事業・OEMビジネス開発業務.  

CNTジャパン株式会社 (現ブロードコムジャパン合同会社).     

EMCジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス.              

ソフトラブジャパン株式会社 (BMW子会社) プロセス改善S/W. 

日立情報システムズ株式会社 (現日立システムズ)  公共分野のSEおよび日立グループSE向け技術トレーナーなど.