r_yamamoto

山本 龍之介

エグゼクティブコンサルタント 山本 龍之介

山本 龍之介

エグゼクティブコンサルタント

還暦を迎える目前、セカンドキャリアとして自分自身の経験を活かせる場は何かと考える中で、自分自身の転職経験がターニングポイントになったことが思い起こされました。

当時は30歳を前にし、いざ転職をと考えてはみたものの転職理由だけが明確で、転職後の目標・夢などを描いていなかった私に、担当エージェントの方は転職先で「何がしたいのか」、「今、貢献できることは何か」、「得たいものは何か」、「経験・知識として不足していることは何か」等を書き出し、整理してから応募書類の作成や面接への備えに入るよう教えてくれたことを覚えています。
結果として、外資系企業への転職に成功し、仕事だけでなく生活面でも充実した時間を多く得ることができました。

インターネット社会の今は、そういった情報は自身で即座に知り得ますが、それが成功へつながる準備に役立つかは疑問に思う部分もあります。
転職を考えている皆様にとって、自分自身が経験したように経験豊富なエージェントが果たす役割は大きいと考えています。是非ともご活用いただければ幸いです。


【転職エージェントとして心がけていること】

自分自身の外資系企業での採用経験から、どのような応募書類を作成するかはとても重要です。

業務が繁忙であれば、 簡潔・明瞭でない書類を見た瞬間、内容を読み込むことをせず、ふるい落とす可能性が高くなります。また、もし書類選考が通過したとしても、面接時の受け答えが不明瞭で、応募書類の内容から想像・期待していた人物とは違うと思えば、良い結果に繋がりにくいということも生じます。

このように、企業と接点をもつ最初の段階から転職成功まで、ミスマッチが起きにくくなるよう一気通貫で皆様のお手伝いをさせていただきます。


【キャンディデートの皆さまへメッセージ】

まずはご自身の転職後のイメージを膨らませてください。

転職後に後悔が生じることがないように、仕事とプライベート両面でご自身が成功するための転職に向けた目標を掲げ、それを達成していく転職活動が大事だと考えています。 採用側である企業は、これまでの経験を測ると同時に、思考力、前向きさ、将来展望なども含めて、内定決定要素として判断していきます。
多くの応募者の中から内定を勝ち取るためにも、是非ともこの点を大事にしていただきたいと思っています。

より良い結果を得るために、私もお手伝いさせていただきたいと思っています。


【経歴】

大学卒業後、小規模商社にて国内営業と輸入業務を5年間担当。
その後、外資系ヘルスケア企業へ転職し、サプライチェーンを管理するとともに、各国・国内各部署を巻き込んだ多くのプロジェクトに参画(パッケージソフト導入、CAPA、SOP、全体最適コスト削減、新製品ローンチ前後の各部門および各国の要求事項の取りまとめなど)。
ヘルスケア業界に必要なあらゆる業務や役割について深く精通。