無料転職相談のお申込み

キャリアコンサルタント 友坂 努

友坂努プロフィール写真

国内大手事業会社で長年、人事関連部門(人員計画、採用、組織・制度改正など)や人財開発部門の業務に携わり、「人の成長」に関わる仕事の経験が多くあります。そして、この分野の仕事が好きです。
現代は社会の変化のスピードがとても速く感じられる時代です。そんな中、企業等で働きながら、今の職場がそれほど嫌なわけではないものの、なんとなく将来に対する漠然とした不安を感じながら、「もっと成長したい」「スキルアップしたい」「何かを変えたい」と考えている人が増えてきているのではないでしょうか。
アメリカを代表するキャリアコンサルタントの一人、ナンシー・K・シュロスバークによれば、「人生には多様な転機が連続的に訪れ、それを乗り越える努力や工夫をすることを通じて、キャリアが形成されていく」そうです。「転職」も人生の大きな転機の一つであり、転機がもたらす変化をどのように乗り越えるかは私たちにより良いキャリア形成のヒントを与えてくれます。重要なことは、転機による変化が引き起こすマイナスの影響を最小限に留め、プラスに変えていくような戦略を立て、実行することです。 私はキャンディデートの方の気持ちに常に寄り添い、いっしょになってより良いキャリア形成のための戦略を実行していくお役に立ちたいと考えています。

【転職エージェントとして心がけていること】

転職は人生の転機の一つです。転職を考えるとき必要な作業の一つに自分のキャリアの棚卸があります。具体的なやり方はいろいろな手法があって、あなたが相談にこられた時にいっしょにやりましょう。その作業を通じ、人は今まで自分が気づかなかった新しい可能性を発見することがあります。そしてその可能性実現の為に実行の決断をすることは、きっとワクワクする気持ちになるでしょう。ただ、人は皆、それぞれ個別の異なる事情を抱えています。転職は自分ひとりの気持ちだけで決断できない場合もあり、自分の可能性を感じながらもリスクもきちんと勘案し、現実的な決断をすることが求められるはずです。転職を考えたけれどもいろいろな条件や抱えている事情を斟酌し、最終的には「転職しないで今のところでもう少し頑張る」という決断をするケースもあると思います。熟慮の末、最終的にキャンディデートの中で「最も腹落ちが良い感情」に落ち着くことが重要だと私は考えています。
人は決断することを通じどんどん成長してゆくのではないでしょうか。私は皆さんの決断がスムーズに出来るようアドバイスし、勇気づけるサポートをしたいと思います。

【キャンディデートの皆さまへメッセージ】

最近、キャリアチェンジやキャリアシフトに加えて、ライフシフトという言葉が語られています。「100年人生の時代」の到来により、今までの「20代前半に教育を終え」「その後30数年間働き」「60代からはいままで稼いだ原資をよりどころに老後を過ごす」という3段階の人生は難しくなるという話です。「60代から90代までの人生を充実したものにするために4段階目の何かを40代、50代の時点から考えていくことが当たり前に求められるようになる」ということらしいのです。
この点、私自身のことを語れば、私は大学を卒業後、入社した会社で30数年間お世話になり、定年直前で早期優遇退職制度を利用して転職し、そのまま惰性で60代を迎えようとしていた典型的な3段階世代の一人です。私の若い頃は「就職」より「就社」を優先する時代でした。
一つの会社に定年まで勤めることが美徳とされ、会社への忠誠心が高いほど良い社員と言われました。定年まで努めなければ高額な退職金はもらえないシステムでもありました。
もちろん大企業ならではのさまざまな貴重な経験を積ませてもらい、充実したビジネス人生だったと思います。ただ、そのことはその会社のルール、仕事のやり方での経験であり、その会社の風土内での実力だったと今にして思います。結果として転職に際してはリスクになったと言えます。
インフォエックスは主に有力コンサルティング・ファームを転職先に紹介することが多いですが、現代のグローバルビジネスで最も優秀で、自分への期待値が高い人には最も夢の持てる、成長分野であると思います。ビジネスの世界で成長し、自分の価値を高めることに意欲的な方は、是非、当社のコンサルタントをお訪ね下さい。

【経歴】

大学卒業後、大手総合電機系プラントエンジニアリング会社へ入社、以降、主に人事、人財開発、総務、CSR、コンプライアンス、内部監査等の部門を経験。グループ会社再編で所属会社が親会社に吸収合併される中、40代で海外駐在(UAE・ドバイ)を経験、UAEだけでなく、サウジアラビア、カタール等のプロジェクトに関わり、イスラム圏で日本企業がグローバルビジネスを成功させることの難しさを管理部門の立場ながら痛感しました。満56歳時、会社の早期優遇退職制度を利用して東京の私立高校の事務長に転身しましたが、1年3カ月で退職。その後、「国家資格キャリアコンサルタント」を取得し、キャリアコンサルタントとしてインフォエックスに参画。

>>>キャリアアドバイザー一覧へ戻る

無料転職サポート ご相談のお申込み